犬のしつけガイドTOP > 主従関係が保てない原因 > 犬の方が飼い主より先に餌を食べる

犬の方が飼い主より先に餌を食べるのは問題

 
犬の食事ですが、飼い主より先に食べさせることが飼い主と犬の主従関係をあやふやにする原因となります。犬の本能には、自分が従属する集団のリーダーがえさを確保して、メンバーである自分がそれを分けてもらうといったものがそなわっています。また、何をするにもリーダーが先にするという判断基準を持っています。そのため、飼い主に「食べてもいいよ」と許可を出されないとか、自分がエサを食べた後に飼い主が食事を始めているなどを見ると、犬は自分が飼い主よりも優位であると意識してしまうのです。食事のしつけをせずに、それを繰り返しているうちに主従関係があやふやになってしまうことになります。

エサのしつけの必要性


そこで、犬にエサをやる時は、必ず「待て」そして「よし」という号令と動作を加えてから食べさせるようにしましょう。飼い主の許可があって初めてエサを食べられる、許可がなければ食べずに待たなければならない、それを犬にしつけることで、主従関係を保つことができるのです。そのしつけができていると、犬は目の前にエサを置かれた時も勝手に食いつくことなく、飼い主の許可が出るまでじっと待つことをします。それは犬にとっては苦痛ではなく、ごく自然な本能的な行動であるといえます。

しつけの必要性


その食事のしつけですが、犬の目の前にエサを置いて、食べさせないように制止させます。それを続けると、犬はエサが目の前にあるのに食べられず、どうしていいかわからなくなってきます。そこで自分を制止している飼い主の様子を見るようになります。そのタイミングで、「待て」の指示を出します。その指示に従ってじっとしていたら、「よし」などとほめて頭をなでてやり、何かごほうびを与えます。エサ以外のものがいいでしょう。それを数回繰り返した後、今度はごほうびではなく、目の前に置いたエサを与えます。犬はこのしつけによって、飼い主の言うことをきいていればエサをもらえると学習し、飼い主をレーダーと認め、主従関係が保たれることになります。
 

関連記事

甘やかし過ぎ

犬を甘やかしすぎたり、かまいすぎてしまうと、犬は主従関係を誤認します。自分が主人であると勘違いをしてしまうということです。遊んでやったり、かまってやることは悪いことではありません。...

犬と友達になろうとする

犬と主従関係を保てない原因のひとつとして、犬と友達になろうとする行為があげられます。犬は本能的に自分が忠実に服従する相手、主人を求めています。自分の愛犬と友達になろうと考える方もい...

犬の方が飼い主より先に餌を食べる

犬の食事ですが、飼い主より先に食べさせることが飼い主と犬の主従関係をあやふやにする原因となります。犬の本能には、自分が従属する集団のリーダーがえさを確保して、メンバーである自分がそ...