犬のしつけガイドTOP > 犬をしつけやすくするために > 適度なご褒美

適度なご褒美について

 
犬のしつけにおいて、適度なご褒美を与えることは有効な手立てのひとつです。犬に対してのご褒美というと、食べる物を考えられる方が多いと思われるのですが、必ずしもそれだけではありません。「よくできたね」と声をかけてやることも、撫でてやることも、おもちゃなどでいっしょに遊んでやることも、散歩に連れて行ってやることも、ご褒美になります。すなわち、犬が喜ぶ行動であれば、それは犬にとってのご褒美なのです。飼い主が指示したことを忠実にこなした時、そのご褒美として犬に喜ぶことを与える、それは有効なしつけの方法なのです。人間と犬は言葉でのコミュニケーションがとれません。そのため、犬が飼い主に忠実な行動を示した時は、それに対して何らかの形でほめてやることで、より強い主従関係を築くことができます。

ご褒美なしでは指示を聞かない?


ご褒美をやらないと、指示を聞かなくなるのではといった懸念を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、その心配はありません。なぜなら、犬はリーダーの指示に忠実に従う本能を持つ動物だからです。ただ、そうならないようにすしつけの方法があります。それは、しつけをする際に、あらかじめご褒美を見せてから犬に指示を出すのではなく、何も見せずに指示を出して、忠実にできた時に初めてご褒美を出すのです。そうすれば、ご褒美がなければ指示に従わない犬になることはありません。できれば、指示したことをできた直後にごほうびをあげましょう。そのタイミングをはずしてしまうと、犬は何の行動に対してごほうびをもらったのかがわからなくなります。それは「よくできたね」と感情をこめて声をかけることでもいいですし、撫でてやるなどでもいいのです。形のないことであっても犬が喜ぶものであれば何でもいいのです。

犬によってご褒美の価値が違う


それは飼い主のやさしい言葉や、撫でること、おやつなどの食べものやさまざまですが、ふだん室内で飼っている犬は、飼い主とのスキンシップの機会や時間が長いため、言葉や撫でることよりも、おやつなどが喜ばれるでしょう。逆に外の犬小屋で飼っている犬は、飼い主の言葉や撫でるなどがより効果的だと思われます。
 

関連記事

去勢手術・避妊手術

犬をしつけやすくするために、去勢手術や避妊手術を施すことをおすすめします。雄犬なら去勢手術、雌犬なら避妊手術です。どちらも動物病院で手術を受けさせることができます。繁殖をさせる機会...

毎日の散歩

犬の散歩ですが、毎日必ず連れて行くべきだという意見もありますが、不定期に連れて行けばいいと思います。天気がいい日、飼い主の気がむいた日、いつ行くのかわからないくらい不定期でいいと思...

適度なご褒美

犬のしつけにおいて、適度なご褒美を与えることは有効な手立てのひとつです。犬に対してのご褒美というと、食べる物を考えられる方が多いと思われるのですが、必ずしもそれだけではありません。...