犬のしつけガイドTOP > 主従関係を明確にできるしつけ > おすわり

おすわりは重要

 
犬のしつけにおいて「おすわり」は「お手」と並んでポピュラーなしつけの号令です。「おすわり」をさせて、次の指示を与えるための基本的な姿勢で、犬と飼い主とのコミュニケーションをとるためにも必要なしつけです。このしつけを行なうまでに、アイコンタクトなどによって、できるだけ飼い主と犬との間の信頼関係の基本をつくっておきましょう。

しつけの方法


このしつけは、「おすわり」または「すわれ」と号令をかけて、それに従わせます。この「おすわり」のしつけをする方法ですが、まず犬と向かい合って、犬の目線よりも高い位置におもちゃやおやつなど、犬が興味を持つものを掲げると、犬はそれを見るために上を向きます。顔を上ら向ければ、体の重心は尻の後ろに移りますので、自然に「おすわり」の姿勢がとれる体勢になります。その時に「おすわり」と号令をかけて、座ったら「よしよし」となでてほめてやります。この方法は「おすわり」を覚えさせるためによく使われています。また、少し大きくなった子犬については、犬の横側からリードを少し短めに持って、「おすわり」と号令をかけると同時にリードを引き上げて、さらに犬の腰を空いたほうの手で下に押してすわらせます。ポイントは、犬が床にお尻をつけた姿勢をとった時にすかさず「おすわり」と号令をかけて、その姿勢がおすわりであると認識させることです。どの姿勢がおすわりなのかを犬に認識させないと、このしつけはうまく進みません。何度も言葉と動作を結び付けて覚えさせましょう。ただ、気をつけなければならないのは、「おすわり」をしないからといって無理やりその姿勢をとらせることをしないようにということです。

芸ではなくしつけ


「おすわり」は犬に芸をしこむのではなく、しつけをする意味があります。そこをまちがえないようにしましょう。また、「おすわり」を覚えたからと言って、やたらむやみに意味もなくその号令をかけることはやめましょう。それは「おすわり」だけではなく、他の号令に関しても同様です。
 

関連記事

待て

犬のしつけにおいて、「待て」は実に有効な号令です。自然な形で、飼い主と犬との主従関係を明確に作ることができます。この「待て」のしつけをするにはいくつかの方法があります。順番としては...

おすわり

犬のしつけにおいて「おすわり」は「お手」と並んでポピュラーなしつけの号令です。「おすわり」をさせて、次の指示を与えるための基本的な姿勢で、犬と飼い主とのコミュニケーションをとるため...

伏せ

犬のしつけに「伏せ」というものがあります。「伏せ」は、おすわりなどとは違い、おなかを床につけて体を低くする姿勢です。そのため、敵に対してすぐさま戦闘体勢にはいれない姿勢となります。...