犬のしつけガイドTOP > 主従関係を明確にできるしつけ > 待て

待てについて

 
犬のしつけにおいて、「待て」は実に有効な号令です。自然な形で、飼い主と犬との主従関係を明確に作ることができます。この「待て」のしつけをするにはいくつかの方法があります。順番としては、「待て」のしつけは、「おすわり」や「ふせ」の次あたりでいいでしょう。「おすわり」や「ふせ」が問題なくてきるようになったら、それらをさせた状態から「待て」と言います。その待たせた体勢のままで、犬から離れます。犬から離れる距離や、時間を少しずつ伸ばしていきましょう。「待て」は急いで犬の動きを止めなければならない時に使えるしつけです。たとえば、知らない人に吠えて向かっていこうとするとか、急に道路にとび出していこうとしている時などに、「待て」をかけて動きを制止させることができるようになれば、他人に迷惑をかけることもなく、また犬自身の安全を確保することもできます。この「待て」ができるようになれば、さらに高度なしつけをすることもできます。犬は本能的に集団のリーダーに忠実に従属することをよろこびとします。なので、「待て」のしつけをかわいそうだと思わず、主従関係の確認としつけだと考えて必ず行なうようにしてください。犬としては、自分が従うべきリーダーの存在があったほうが幸せな生活ができるのです。

エサを利用したしつけ


有効な「待て」のしつけの方法として、エサを利用したものがあります。たとえば、犬に食事を与える時など、エサを前に置いた状態で「待て」と号令をかけて、すぐには食べさせないようにします。犬は当然食べたがりますが、すぐには食べさせず、「待て」と犬の動きを制止させます。そのたびにじっとする犬をなでてやったり、なにかごほうびをやるなどします。それを数回繰り返して、最後に「よし」とエサを食べさせてやります。それによって飼い主と犬との主従関係を確認させることができます。ただし、必要もないのにエサを食べている最中に「待て」をかけるなどはかわいそうです。食べさせる前にしつけるようにしましょう。
 

関連記事

待て

犬のしつけにおいて、「待て」は実に有効な号令です。自然な形で、飼い主と犬との主従関係を明確に作ることができます。この「待て」のしつけをするにはいくつかの方法があります。順番としては...

おすわり

犬のしつけにおいて「おすわり」は「お手」と並んでポピュラーなしつけの号令です。「おすわり」をさせて、次の指示を与えるための基本的な姿勢で、犬と飼い主とのコミュニケーションをとるため...

伏せ

犬のしつけに「伏せ」というものがあります。「伏せ」は、おすわりなどとは違い、おなかを床につけて体を低くする姿勢です。そのため、敵に対してすぐさま戦闘体勢にはいれない姿勢となります。...