犬のしつけガイドTOP > 主従関係を明確にできるしつけ > 伏せ

伏せには犬を落ち着かせる

 
犬のしつけに「伏せ」というものがあります。「伏せ」は、おすわりなどとは違い、おなかを床につけて体を低くする姿勢です。そのため、敵に対してすぐさま戦闘体勢にはいれない姿勢となります。これは目の前にいる相手に対して無防備になる、つまり相手に服従する姿勢であると認識されています。「おすわり」や「待て」ができるようになってから、この「伏せ」を練習させましょう。服従の姿勢であるため、「おすわり」や「待て」よりも覚えさせることに時間がかかると言われています。このしつけを覚えさせられれば、飼い主と犬との主従関係を犬が完全に覚えることができたものと考えていいでしょう。

しつけの方法


「伏せ」のしつけの方法ですが、まず、犬に首輪とリードをつけます。次にリードを持ちながら、「おすわり」をさせた状態でおやつなど犬の喜ぶものを用意して、「伏せ」と言いながら、それを犬のあごの下のあたりに持っていき、犬がお尻をあげない状態にして少しずつ下に移動させていきます。そのようにして、「伏せ」の体勢になったら、すぐにごほうびとして用意したものをあげます。「伏せ」の号令が、そこに伏せることであると犬が認識してその動作をするようになるまで、何度も繰り返してしつけをしましょう。そのしつけの際に、どうしても伏せないのであれば、リードを垂直にひっぱるなどして、強制的に「伏せ」をさせてもよいでしょう。飼い主の命令には必ず従わなければならないものと教え込むことが必要なのです。さらに、しつける飼い主の側に余裕があるなら、「伏せ」と号令をかける際に、手のひらを下に向けてください。それを見た犬は、飼い主の手のひらが下に向けられているのを見て、それが「伏せ」の命令であると理解して動くようになります。

やすめ


「伏せ」を覚えてちゃんと号令どおりにできるようになったら、次は「やすめ」の命令を覚えさせましょう。「やすめ」は、飼い主の足元で、「伏せ」の体勢から休むことです。「やすめ」によって、その場でしばらくじっと待つことをするようになり、外に散歩に連れて行った時など、必要があってしばらくじっとさせたい時などには、「伏せ」から「やすめ」の号令でしばらくじっと動かずに待機させることができます。
 

関連記事

待て

犬のしつけにおいて、「待て」は実に有効な号令です。自然な形で、飼い主と犬との主従関係を明確に作ることができます。この「待て」のしつけをするにはいくつかの方法があります。順番としては...

おすわり

犬のしつけにおいて「おすわり」は「お手」と並んでポピュラーなしつけの号令です。「おすわり」をさせて、次の指示を与えるための基本的な姿勢で、犬と飼い主とのコミュニケーションをとるため...

伏せ

犬のしつけに「伏せ」というものがあります。「伏せ」は、おすわりなどとは違い、おなかを床につけて体を低くする姿勢です。そのため、敵に対してすぐさま戦闘体勢にはいれない姿勢となります。...